だいのブログ

気に入った物/趣味/上手に生きていくための情報/色々と書き溜めていきます。

歯列矯正体験談・費用は?期間は?

f:id:dai0609:20201107020827j:image

昨今、歯列矯正をする人が増えて、金額も昔に比べると安価で出来るようになってきています。

今回の記事では僕の体験談を踏まえ歯列矯正について書きます。

 

この記事がこれから矯正を始める方、矯正を考えている方の参考になればと思います。

目次

 

 

歯列矯正を始めた理由

僕が、矯正を始めた理由は遡ること、十数年前‥

親に「あんた、すきっ歯やなぁ」の一言

 

当時子供の僕はそれがきっかけで、自分がすきっ歯であることを自覚し、歯並びに対するコンプレックスは年々増していきました。

しかし、片親で頑張って働いてくれている母親。とてもじゃありませんが、矯正に使うお金なんて家には無いし、したいなんて言えませんでした。。

(矯正は治療方法や期間によっても変わりますが、100万円程度かかります。)

 

「大人になって稼いだお金で歯の矯正するんや!」

子供ながらに僕はそう心に誓いました。

 

そして社会人になり貯金が100万円貯まったある日、ついに決心しました。

「よしっ、ついに歯列矯正でこの歯並びを治すときがきたで!!」

お世話になっている歯医者に相談に行き、まずは親知らずを抜くことを勧められました。

 

 

親知らずは抜いた方が良いのか?

結論から言うと人によって違います。

僕は歯医者の先生に言われた直後、親知らずは全て抜きました。めちゃくちゃ痛かったです。

 

抜いた方がいい状態
・親知らずが真っ直ぐに生えていない。上下噛み合っていない。
・親知らずにむし歯や歯周病の進行が確認できる。
・腫れや痛みがある。

 

抜かなくてもいい状態
・親知らずがまっすぐ生えていて上下の噛み合わせが良い。
・歯茎が覆いかぶさっていなくて、歯磨きに苦労しない。

また、親知らずが完全に骨の中に埋もれていて、隣の歯に痛みがない場合は無理に抜歯を行わないことが多いです。
 

 

親知らずを抜くメリット

口臭予防、虫歯のリスクが下がる

親知らずは横向きや斜めに生えたりすると、その下に食べカスが入り込みます。

また奥に生えていることもあり、歯磨きの際に磨き残しが多くなりやすいです。食べカスが残ると口臭の原因、虫歯になります。

 

歯並びが崩れる可能性を防ぐ

親知らずは、一般的に10代後半から20代前半に生えてくることが多いです。 

しかし、人によっては30歳、40歳で生えてくることもあるそうです。

矯正をしてせっかく歯並びが良くなっても、親知らずが斜めに生え、手前の歯を押し出し歯並びが再度崩れてしまった。なんてこともあります。

 

 

親知らずを抜くデメリット

抜歯後に痛みや腫れが出る

抜歯後に麻酔が切れると痛みます。場合によっては、大きく腫れが出ることもあります。

 

ブリッジ・入れ歯の土台が減る

将来ブリッジや入れ歯の土台として親知らずを利用出来るほか、移植に使うことがあります。

 

 

歯列矯正は子供のうちに?

「歯列矯正をするなら、子供のうちの方が歯茎も柔らかいしいいよ。」なんてこと聞いたことないですか?

確かに子供のころに治療を行うとメリットは多いです。

メリットとしては

・大人になってからの、矯正治療の期間を短縮することができる。

・顎の成長を助ける。

・将来的な虫歯のリスクが減る。

・舌の正しい位置を学ぶことができ、将来的に歯並びが悪くなる原因を減らすことができる。

など色々とあげられます。

ただ、子供の頃の歯列矯正はタイミングも難しいです。

 

全て歯が生えそろった、大人になってからでも決して遅くはありません。

大人になってからの矯正だと、親知らずを抜いたり、事前に計画を立てて矯正することも出来ます。

 

歯列矯正にかかる費用

矯正にかかる費用は、治療方法や期間、また場所によってもかなり違ってきます。

僕は運良く安めのところが見つかり、60万円ほどで済みました。

しかも期間による料金変動無し

治療が長くかかっても、短くすんでも費用は同じです。

最初にまとめて払い、治療が終わるまでの総額で60万円です。診察料も込みです。(通常毎回診察料などかかるところが多いです。)

ローンも組めますが、僕はローンが嫌いなので一括で払いました。

 

治療方法はワイヤー矯正(表側)で金属のブランケットです。

画像は実際にワイヤーをつけたばかりの写真です。

f:id:dai0609:20201107020957j:image

ワイヤーは透明のものや裏側につけることも出来ますが、費用は加算されます。

見た目は多少目立ちますが金属ブランケットの方が安くなります。

 

すきっ歯なので全体的に内側に引っ込めるような治療となりました。毎月少しずつ調節して治って行きました。

歯が動くので治療後はめちゃくちゃ痛かったです。

もう初めの方は、歯に物が当たると痛すぎて、柔らかめに茹でたうどんが食べれませんでした(笑)

 

時間もお金も使い、痛みにも耐え治療を続けました。

 

そしてついに、約一年の治療の末

矯正器具が取れました!!!

f:id:dai0609:20201107010600j:image

「歯が綺麗で気持ちいい…!」

しかしこれで矯正は終わりではありません。

 

ほっておくと歯並びは元に戻ってしまいます。

写真にあるように、リテーナーという後戻りを防ぐ器具をつけなければいけません。

食事の時だけ外して、それ以外は常時つけた状態です。

これが中々喋りにくく滑舌が長州力です。つけてる最中、水やお茶しか飲めないので大変

(つけたまま飲み食いすると虫歯の原因になります。)

飲み食いが終わった後は、歯磨きをしてリテーナーを自分でつけないといけないので、面倒で間食が減ります。最初だけ(徐々に慣れてくる)

 

リテーナーが終わると寝ている時にだけつけるマウスピースへと変わるそうです。

 

まだまだ数年かかります。 

 

まとめ

矯正器具の種類→金属ブランケット

矯正器具からリテーナーに切り替わった期間→一年

費用→全て込み込みで60万

痛み→最初は柔らかめに茹でたうどんを食べるのもきつい。

 

以上。

歯は一生物なので、悩んでいる方は取り敢えず話を聞きに行きましょう。